プログレス女性採用サイト

STAFF

  • type1 自分の人生こんなもんじゃ終われない!type1 自分の人生こんなもんじゃ終われない!
  • type2 お金を稼ぎたい!type2 お金を稼ぎたい!
  • type3 やりがいのある仕事がしたい!type3 やりがいのある仕事がしたい!
  • type4 チームをつくりたい!type4 チームをつくりたい!

スタッフインタビュースタッフインタビュー

あなたはどんなふうに働きたい?

どんな風に人生を生きたい?

同じ想いで入社した先輩たちの今をcheck!


プログレスだからこそ身につく「リーダーシップ」とは?

私がこの会社で身につけることができたのは、「リーダー1人だけが頑張るんじゃなくて、誰かと一緒にやる」とうような、巻き込み型のリーダーシップです。

昔から私はリーダーになるのが好きで、例えば大学生時代はボランティアで行ったネパールで海外の人を含めて50人くらいの人たちをリーダーとして動かしたり、前職のリクルートでも自分のチームを持ちながら営業をしていました。

でもプログレスに入社して、自分のリーダーシップの限界にぶち当たったんです。前職でもうまくいかないことは沢山あったのですが、その時はなんでうまくいかないのかわからなかったんです。けれどプログレスで働く中でいろいろな人のリーダーシップをみて、自分を振り返った時に、今までリーダーとしてチームの人と深い人間関係を築くことをサボっていたと思いました。私は何でも「一番」にならないと気が済まないタイプで、リーダーって役割だとしてもチームの皆よりもできる人でいなきゃって勝手に意気込んでいたり、みんなで楽しくやるなんてもってのほかで、いつも仕事をもっと前に進めなきゃとせかせかしていました。なので今思うと、そんなリーダーには誰も頼らないし、そりゃあチームもひとつにならないよなあって。そしてそれが自分のチームがうまくいかなかった原因なんだって分かったとき、すごく肩の荷が降りた気がしました。「ああ、また挑戦できる」って思いましたね。

プログレスでは深い人間関係の中で仕事をしています。だから、そんな中で人と競ったり自分が一番でいたい!というスタンスでいると、すごく窮屈だし、リーダーをやっても全然うまくいかない。だからこそ、今までの自分のやり方を変えようって気づけたんだと思います。

もちろんまだ試行錯誤の最中ではありますが、巻き込んでいくリーダーシップの入り口に立てたことは、自分の人生で1番欲しかったものが手に入った感覚で、とっても嬉しいですね。多くの人を巻き込んで仕事できれば、どんどん大きな仕事をしていけるので、その可能性にワクワクしかありません。

どんなチームをつくりたいか?

プログレスでは、最高の人間関係をつくることを何よりも重視しています。ただの仲良しごっこではない、本当に信頼しあえて、何でも言えるチーム。そんなチームを作るために、同じ高い目標を持つこと、つまり会社で言えば「レベルの高い目標」があったほうがコミュニケーションにも良い負荷がかけられて、より深い関係が築けると考えているんです。例にあげるなら、甲子園をめざす野球チーム。高い目標があるからこそ、チームの皆に厳しく関わることがある。高い目標があるからこそ、そんな厳しいチームメンバーの声も受け入れられる。高い目標があるからこそ、ストレートなコミュニケーションをしてくれる仲間を信用できる。どんなに会社が拡大していっても、ずっとそんなチームをつくっていきたいですね。

チームづくりにこだわる理由は?

人間関係が煩わしいと仕事にきちんと向かえないと考えているからです。会社での人間関係に左右される環境ですと、仕事に集中するどころか、「上司の機嫌とり」や「上辺だけの人間関係作り」ばかりに気を取られてしまいます。そこに左右されずに、やっぱり会社では全員が自分のやりたい仕事に没頭できるようにしたいんです。そして、それが一番仕事のパフォーマンスが高く発揮されると考えています。

今後のチームプログレスをどんな風にしていきたいか。

まずは1000名体制の早期実現を達成させたいです。プログレスは組織風土の構築や浸透に力を入れていますが、1000名体制に向けて「離れていても一つなチーム」をつくりたいと思っています。今後支店がいくつもできた時、プログレスの文化がスタッフに染み付いていて、それぞれの判断基準や行動がその文化によって形作られているようにしたいんです。10年後とかに、まったくプログレスを名乗っていなくても、相手が「もしかしてこの感じ、プログレスの人かな?」って分かっちゃうような、文化とチームをつくっていきたいですね。

あとはやっぱり、プログレスを働きがいのある会社ランキング1位にしたいです!プログレスでは「働くという体験を変えていく」ということを企業ミッションとしていますが、「働く事が楽しい」と思っている人を日本中に増やして、ゆくゆくは日本の就労観も変えていきたいんです。それができたら、「自分が仕事した」って自分を褒めてあげられそうな気がしています。


就活の軸を教えてください

漠然とですが、将来は大きな組織を動かせる存在になりたいという想いがあったので、それができるようになるための考え方を身につけられる会社を探していました。 面接官にたくさん質問をして、その人なりの回答を返してくれるかどうか、というところを主に見ていましたね。プログレスの一次面接で営業マネージャーの沼居さんに「後輩との関わり方」について質問した時、「お前がそいつのためになると思ったことをやれ」と言われて、それが何だかしっくりきたのを覚えています。嫌われたくないと思っていたら人に貢献できない、と気づかされました。

入社後の変化を教えてください

今は後輩や同期と関わる時、遠慮せずにダメなことはダメ!と言えるようになりました。特に「やっているふり」をしながらサボっている後輩の行動はすぐに気づくので、ストレートに伝えます。学生時代もリーダー的な役割を任されることはあったんですが、嫌われることを怖がっていて、人や状況によって対応を変えるようなところがありました。今は言いにくいことでも、組織やその人に必要だと思えばどんどん伝えるようにしています。苦手な人ともきちんと向き合うようになったので、居心地が悪いこともあるんですが、それも成長の過程と楽しんでいます。身近な人にも「雰囲気が落ち着いたね」と言われることが多くなりましたね。器が大きくなっているって言われている気がして嬉しいです。

プログレスの好きなところを教えてください

コミットに関わり続けてくれるところです。絶対にできるようになるよっていう目線で関わってくれる。自分が諦めそうになった時も、周囲がそのコミットに要望し続けてくれていることを考えると、逃げられないなって思います。

今後の目標を教えてください

一番は、頼られる人になりたいです。リーダーとして任される人の数が自分の成長に比例していくと思うので、2年目の今年は5人くらいのチームのリーダー、10年後は100人……というように、どんどん自分のチームを拡大していきたいですね。稼ぎたい気持ちもありますが、自分はそれよりも人間的な成長に興味があるので、自分の成長に伴って勝手に収入はついてくるだろうって思っています。


入社の決め手を教えてください

.私は2児の母でもあるのですが、プログレスには子育てをしながら仕事に全力投球している女性が大勢いるのを見て、ここには自分の居場所があるかもしれないと思ったんです。前職では、出産して復帰した後は何となく女性社員の肩身が狭かったのですごく新鮮でしたね。自分が家庭以外で役に立てる場所が欲しくて、母親になっても仕事を100%頑張れるステージがあるプログレスを選びました。

仕事のやりがいは何ですか?

もともと学生時代から、リーダーシップを発揮するというよりも、調整役としてリーダーを支えながら、チームを機能させるのが得意なタイプでした。そういう役割が好きなんです。プログレスに入ってからも、みんなが上司に遠慮して言えないことを自分が切り込んで伝えたことで物事が動く、という場面があり、仕事のやりがいになっています。

入社前と入社後で周りとの関わり方に変化はありましたか?

以前よりも、チーム全体の方向性を見据えたうえで遠慮せずに行動できるようになったと思います。入社前は相手の顔色を伺って自分の出方を決めることが多かったんですが、そんなことを気にせずに自分の意見を言ってみると、これまでチームの中で放置されていたことが動き出すことに気が付きました。それが結果的に相手のためになると思えたので、今では、ACチームのコミット達成に必要だと思うことがあれば誰に対しても堂々と意見するようになりました。数年前には、こんな自分は想像していませんでした。

プログレスではどんな人が活躍できると思いますか?

とにかく会社の懐が深いので、「仕事したい」って気持ちが強い方であれば、どんな人でも活躍できる会社だと思います。元々最前線で仕事をしたい想いがある人はもちろん活躍できるし、そうでないタイプの人も、自分の思っていることを素直に言える環境がある。自分にもこんなことができるんだ、という発見があって、自信を持てますね。入社する人には、素直さや謙虚さを持って一つのことをやり続けることを期待しています。そういう人が、プログレスっぽい人かなって思います。


どうして不動産営業をやってみようと思ったんですか?

スーツを着て仕事をしたかった、そんな単純な動機からです。雑誌を見た時に、アタッシュケースを持っている写真に憧れて、たまたま不動産会社の社長の本を読んだこともあり応募しました。

前職の不動産会社から同業のプログレスに転職して感じる、プログレスの特徴は?

前職ではあまり思わなかったんですけど、プログレスで働くようになってなら、自分にスタッフを預けてもらっているということ自体に感謝を感じるようになりました。恐らく前の会社でも状況は同じだったのですが、自分がそんな風に捉える事は出来ていませんでした。プログレスに入り、部署関係なくいろいろなスタッフと関わる機会が当たり前にあったり、スタッフ全員で同じ目標を達成するために働いたりする中で、様々なことに感謝の気持ちが出てきた気がします。
今までは、やっぱり自分の下の人間をコマみたいにどこかで使っていましたし、そんな自覚もありました。 けれども今は、人を預かっている感謝があるからこそ「成長させたい」と口で言うだけではなくて、面倒くさがらず心底面倒をみることが出来ているかなと思います。
プログレスには、スタッフみんなにチャレンジさせてくれる自由があるからこそ、自分に言い訳ができないような雰囲気もあり、それも良いですね。

人材育成で大切にしていることは?

手を離さないというか、どんな人間でも見捨てないことは意識してやるようにしています。どんなにうまくいかないやつでも、なんかあるんじゃないかって見ることを諦めないようにしていますね。 そして何事に対しても挑戦し続けられる人間に育てたい。いつでも前に向かって行ける人間、特別な人生というか、人と違う人生を生きることに意欲的な人間には育てたいというのは自分の中で明確にあります。そこだけですね。 なんだか足がすくんで挑戦できないとか、ただ足踏みしている状態とか、まぁ自分もそうだったんですが、そうなっている時にはあまり物事は変わっていかないんですよね。 どんな人間でも前に進んでいけば必ず何か変わるんだ。ということを体験させたいっていう想いでやっています。

メンバーから言われて嬉しかった言葉は?

スタッフに、自分が居なかったら辞めてたって言われた時は素直に嬉しかったですね。 あとは同じチームじゃなくてもなんか元気が無さそうなスタッフがいたら「お前何やってるんだ。そんなじゃ家に居てもろくなこと考えないから来いよ」みたいに声をかけて一緒に飲んだりしたあとに、LINEでお礼を言われたりとか。 これという大きな言葉はなくても、スタッフ自身が自分が教えたように、当たり前なことを当たり前にできるようになってきて、自信が滲み出てきたのをふと感じる瞬間は、すごく嬉しいですね。

TOP

説明会・選考へのご参加はこちら