プログレス女性採用サイト

STAFF

  • type1 自分の人生こんなもんじゃ終われない!type1 自分の人生こんなもんじゃ終われない!
  • type2 お金を稼ぎたい!type2 お金を稼ぎたい!
  • type3 やりがいのある仕事がしたい!type3 やりがいのある仕事がしたい!
  • type4 チームをつくりたい!type4 チームをつくりたい!

スタッフインタビュースタッフインタビュー

あなたはどんなふうに働きたい?

どんな風に人生を生きたい?

同じ想いで入社した先輩たちの今をcheck!


入社のきっかけを教えてください

自分は新卒で入社した中古車ディーラーを辞めて、その後六本木でバーテンダーとしてバイトをしていた頃に、社長がバーのお客様で、「不動産屋にならない?」とお誘いを受けたことがきっかけです。
その頃の自分は「何者かになりたい」という漠然とした欲求に突き動かされていて、その要素のひとつに「稼ぎたい」という想いがありました。
社長から仕事の誘いを受けたものの、自分は当時のプログレスの規模の小ささにビビってしまって、結局別の金融系の会社へ就職してました。
しかしその会社では、どれだけ自分や会社が儲かるかということだけを考える日々に追われ、全く仕事に誇りがありませんでした。
そんなタイミングで、再度また社長から「うちは稼げるし、人のためにもなるし、やりがいあるし、こんな良い仕事は他にはないよ」って電話があり、不安はありましたが「稼げて」「人のためになる」と言われことで入社を決めました。

稼いで何をしたいですか?

昔は稼ぐことでブランドものを手に入れて、周りの人に誇示していました。けれども今は、使うためではなく自分自身の仕事のレベルを確かめる判断材料として”稼ぐ”ということを捉えています。
稼ぐ金額は、どれだけ人に貢献したかということが現れてくると思っているので、今後も自分は1000万、2000万稼ぐような仕事をして、人に貢献していきたいです。

入社してから何か変わりましたか?

仕事への取り組み方が変わりました。仕事に集中することは当たり前だと思いますが、自分はまるで学生が大好きな部活動をしているかのように、チーム全員で毎日毎日、一日中練習に明け暮れながら夢中に取り組んでいる、そんな感覚を仕事で味わえていることが大きな変化です。
だから今、自分は青春ど真ん中なんです。すごく生きてると感じます。

「何者かになりたい」「稼ぎたい」で入社して様々なことを経験し、今後はどうなりたいですか?

最近また自宅を購入したんです。資産形成や老後の生活などの面ももちろんありますが、一番の理由は、この仕事で得られる将来像を後輩たちに見せてあげたかったからなんです。
自分が仕事に夢中になり体験してきた結果として、欲しかったライフスタイルが手に入る達成感を、後輩たちに提供できたら最高だなと思っています。そのために後輩たちにも稼がせてあげたい、稼げるようにしてあげられるような自分になりたいです。


入社の決め手を教えてください

プログレスには、やればやっただけ稼げる環境があると思ったのが決め手です。私はブランド物もショッピングも大好きなのと、都内のタワーマンションの高層階に住むのが昔からの夢だったんです。そんな私にピッタリの会社だと思いましたね。 20歳で入社した時の目標は、25歳までに1000万稼ぐこと。今では夢が叶って都内のタワーマンションに住んでいます。最近テンションが一番あがったのは、バーキンの2色大人買いをした時です(笑)。

休日の過ごし方を教えてください

休日は主に美容めぐりです。美容室、ネイル、まつエク、エステ、トレーニング……。この5パターンをほぼ毎週繰り返していますね。飼っている3匹のトイプードルと遊んだり、主人とおいしいものを食べにいくのも癒しの時間です。

今のように稼ぐまで、どんなことを心がけて仕事をしてきましたか?

20代前半は、ほとんど体も気持ちも休んでいませんでしたね。お風呂の中でも営業トークの練習をしたり、急な呼び出しに備えて休日ですら泊りがけの旅行は避けたり。「30代を作るのは20代」と考えていたので、とにかく20代前半に結果を出すことを意識していました。だんだん成果が出てきても、「当たり前のことを当たり前にやり続ける」という姿勢を崩さなかったことが、さらに成績を伸ばすことにつながったんだと思います。

「稼ぎたい」以外の仕事へのモチベーションはありましたか?

当時の上司に本当に憧れていて、その人のようになりたかったんです。何を聞いても的確な答えがすぐに返ってくるし、私が深夜まで仕事をしていても終わるまで待っていてくれて、厳しさと温かさの両方ある人でした。その上司からも「やるからには、俺を超す位に稼げ」と言われていて、それを言われるたびに、「私は人より不器用だから人より何倍も努力しないととても追い越せない。」って熱くなりました。その想いが、がむしゃらに仕事に打ち込むモチベーションになっていましたね。

今後の目標を教えてください

今は不動産コンサルティング事業部の事業部長という立場なので、スタッフが販売しやすい体制を作って、日本一の売り上げを作るチームにすることが一番の目標です。あとは、まだまだ自分が一番働いて、スタッフから憧れられるような生活もして、私の背中を見て後輩が「超えたい」と思ってくれる存在になりたいと思っています。お金を稼ぐ以外にも仕事の楽しみはたくさんあるので、それも伝えていきたいですね。


入社のきっかけを教えてください

僕は元々稼ぎたい思考があったので、新卒で別の不動産会社で働いていたんです。求人広告に「借金600万あったけど今は年収2000万円」という先輩が出ていて、自分もこうなりたい!という理由で最初の会社を選びました。7年働いたんですが、だんだん仕事がマンネリ化してつまらなくなってしまって。そんな時にプログレスで働く人に出会って、仕事を楽しんでいる姿に惹かれたんです。自分が今までいた環境とは全く違っていて、不動産業界にいても仕事を楽しんでいいんだ!という点に衝撃を受けて転職を決めました。

入社して、生活は変わりましたか

今は憧れだった高層のタワーマンションに住むことができていますし、ウブロの時計も購入して、満足しています。仕事がハードであまり休みもない分、自分へのご褒美として使うときは勢いよく使ってしまいます…(笑)

不動産会社の中での、プログレスのお薦めポイントを教えてください

報奨金の仕組みが他社にあまりないものだということでしょうか。プログレスは、徐々に稼げるようになる仕組みになっているんです。新人の時に運が良くてなんとなく一発の報奨金で稼いでしまうと、「長期的に稼ぐ力」を身につける努力を怠ってしまうと思うんです。一時的に稼ぐのは誰でも出来ることかもしれませんが、長期的に稼ぎ続けるのは一握りの人しかできないということですよね。

どんな人と一緒に働きたいですか

自分の価値観を手放せる人です。お金がない、稼ぎたいと思っている人たちが「自分のやり方」でやって辿り着いているのが、現状なはず。だったら一度それを手放して、稼げている人の言うことを鵜呑みにするのが稼ぐための一番の近道だと思います。ただのYESマンではなく、稼ぐために本気のYESマンになれる人なら、俺についてこい!と言いたいですね。


入社のきっかけを教えてください

不動産業界で稼ぎたかったんです。せっかく営業をやるなら、一番高いものを売って自分の力を試してみたかったし、大学時代に起業していた友人が人にバンバン奢っていたのが羨ましくて、自分もああなりたい!と思っていました。入社当時は25歳までに1000万円稼ぐのが目標で、憧れの車や広い家、高級時計を手に入れたいと思っていましたね。プログレスを選んだのは、不動産業界の中で他社と比較しても「ガチガチで気合のみ」というような固い雰囲気ではなく、「リラックスしながらも情熱的」というような雰囲気が、他社と違うなとピンと感じたのがきっかけです。

入社して、生活は変わりましたか

今26歳なんですが、同年代より稼げている実感があります。狙っていたオメガの時計も買えましたし、仲間に気前よくご馳走してあげることもできるようになりました。自分は結婚願望も強くて、家族を幸せにしてやりたい、みたいなのもあるんですよ。そして35歳までには昔からの憧れのスポーツカータイプの車に乗って、タワーマンションに住みたいなあと思っています。

プログレスはどんな人に向いていると思いますか

楽をせず、貪欲にチャレンジし続けられる人ですね。プログレスには、成果を上げている時も、そうでない時も平等に関わり続けてくれる環境があるんです。自分の売り上げが良くないと口にするのもダメってムードで、息苦しくなる会社もあると思うんですが、プログレスは全くそんなことがないんです。「こうなりたい」という強い想いがある人なら安心してチャレンジができるし、仕事がキツい時も踏ん張れます。

先輩や仲間から関わってもらったことで変化した部分はありますか

人間的にかなり成長できていますね。人は自分の足りない部分になかなか気づけないから、指摘してくれる上司の存在は本当にありがたいです。僕には元々すぐに「楽したい」って手を抜く傾向があったんですが、ごまかしたり面倒くさがったりすることのカッコ悪さを指摘されてから、目の前のことに純粋に丁寧に向かっていけるようになりました。地元の友達にも、「お前って人のことをそんなに気にかけられるヤツだったっけ?」と言われたくらいです(笑)。プログレスに入社して、お金だけじゃなくて人間的にも成長できていることが、今も仕事に夢中になれている理由だと思います。

TOP

説明会・選考へのご参加はこちら